■プロフィール

chiro

Author:chiro
名 前:諭吉
種 類:ミニチュアダックスフンド♂
誕生日:2005年10月26日
居住地:埼玉県

2006年1月10日にわが家にやってきた諭吉くん。
LOHASな生活を送るchiroと、
ナチュラルフードで育つ
諭吉くんの奮闘記

banner_02.gif

102.gif

■リンク
■最近の記事
■過去ログ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大きな間違い
昨日、一昨日と1日中家で諭吉を見ていたが、
今日はナチュラルフードショップへ行きたくて、
初めてのお留守番をさせることにした。

昼ごはんを早めに食べさせて、ゲージを目隠しして出発。

もともと私はノンケミカルやナチュラルフード愛好者なので、
市販のドッグフードが悪いであろうことは予想していた。
なので、一日も早く、ナチュラルフードのお店に行きたかったのだ。
(飼う前に行けば良かったが、なにせ唐突だったので)

少々遠いがいつも愛用している、
神奈川のナチュラルフードのお店に行った。

やはり想像通り、いや想像以上に衝撃的な話だった。
人間以上に動物は化学物質に犯されやすいのね・・・。

しかも、育て方を大きく間違えていたのだ!
「甘噛みがヒドいし、トイレも覚えない。」と言ったら、
「添い寝してあげてる?」と一言。

「え??」
ショッキングな回答だった。
しつけよりも何よりも、まずは飼い主との信頼関係を作ること。
本来、まだ母犬といなければいけない時期なのだそうだ。

「でも昨日はおなかを見せたり、慣れてきたみたいだけど。」
と言うと、
「それは慣れているんじゃなくて、媚びているだけだ。」
と。ただ飼い主を怖がっているだけだと。

ショックだった・・・

冷静に考えれば、人間の赤ちゃんと同じなのだ。
愛情を注いで、親子の信頼があってこその家庭。

もちろん、子育て方針は家庭それぞれで違うだろうけど、
私が目指すものは、まさに今日言われたような、
愛情を基本に成り立つ、穏やかな関係。

これからどうすれば良いかを聞いてみると、
まずは、早急にナチュラルフードへの転換と、
そして添い寝をしてあげること。

信頼関係が築けなければ何も始まらず、
逆に、信頼関係が築ければ、
甘噛みも治るしトイレも覚え、良い子になるそうだ。

ということで、帰ってすぐゲージをたたみ、
夜から早速ナチュラルフードに変更。
少々食いつきは悪いが、何とか食べてくれた。
今夜から添い寝することにする。

今までごめんね、諭吉。



P1130423.jpg


人気blogランキングへ
スポンサーサイト


テーマ:ミニチュアダックス - ジャンル:ペット

未分類 | 22:55:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。